頭が冴えるコツは自分の好きな事に徹底しましょう

頭がぼーっとする事がありますよね。集中力がなかなか出ない時とかは私の場合は掃除をして気分転換をします。子供の頃から身の回りの掃除や整頓をすると不思議と頭がシャキンとしたのです。いつも部屋を綺麗にしていますが拭き掃除が好きなのであちこち拭いて回ります。
外出の例だとドライブは基本的に頭が冴えなかったら危ないです。掃除は家の中ですがドライブは家の外です。そんな時にするのは好きな音楽を大きめの音量をかけて歌います。
どちらにしても好きな事をするのです。自分を喜ばす事により脳が活躍してくれるのです。寝る前は活性化してもらったら困りますので逆にしません。
仕事中の工夫はこれまた好きなコーヒーを飲みながら下半身ストレッチをしたり首、肩の筋肉をほぐしたりします。どれも手軽にできる事ばかりなのでオススメできます。
人それぞれに好きな事や飲み物は違うのでそれぞれ置き換えてやれば良いと思います。
頭が冴えている時は効率良く物事が進むので普段から心がけています。購入はこちら>>>>>頭が冴えるサプリ

悪い油を断ち、不飽和脂肪酸の摂取に変えていく

中性脂肪を下げるために直接やっている事は、摂取する油をなるべく不飽和脂肪酸に変える事です。人間が普通に摂取する油には、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の三種類があります。このうち、トランス脂肪酸は、海外では人体に与えるリスクが高いので食物への使用が禁じられている国もあるほどの悪い油なので、まずはこれをシャットアウトします。マーガリン、カップラーメン、スナック菓子などに含まれています。次に、飽和脂肪酸の量をなるべく減らし、不飽和脂肪酸の量を増やします。飽和脂肪酸は、肉、卵黄、バターなどに含まれています。不飽和脂肪酸は、魚、大豆などに含まれている油です。簡単に言うと、スナックやカップめんなどはシャットアウト、そして肉食の割合を減らして魚食の割合を増やす、という事です。また、結果的に中性脂肪が落ちた食事もありました。悪い油は腸内環境を悪化させ、悪玉コレステロールを増やしてしまいますが、この退治のためにヨーグルトを食べる事にしたのです。間食やデザートをスナック菓子やケーキなどからヨーグルトにしたところ、あっという間にポッコリと出たおなかが引っ込み、2カ月で5キロも体重が減り、中性脂肪を減らす効果がありました。引用:中性脂肪を下げるサプリ

DHAは胎児の健康な成長にも重要な成分!

妊娠初期には胎児の成長のためにDHAは普段以上に必要になります。DHAが不足してしまうと赤ちゃんのさまざまな器官がスムーズに形成されなくなってしまうので注意しましょう。また、DHAをたっぷりと摂取していると赤ちゃんが将来喘息になるリスクが下がり、早産の確立も減るので妊娠中に積極的に取りたい成分といえます。
DHAといえば頭のよくなる成分として知られていますが妊娠中に摂っても胎児の脳の成長にはそこまで差はないそうです。しかしより健康に成長してくれるのは検証されているので食事で摂りきれないぶんはサプリで摂取するのがいいと思います。
妊娠中はマグロなどの魚を食べると水銀を摂取してしまうのでやめましょうといわれます。また、生魚もトキソプラズマなどが心配なので避けるほうが懸命です。そうなるとDHAを摂取する方法は少なくなり、やはりサプリで摂るのが安心です。サプリならコンスタントに良質なDHAを摂取でき、味も感じないのでつわり中にも安心です。詳しく調べたい方はこちら>>>>>dhaサプリ妊娠中